白磁に染付が中心で、藍色を中心にポイントとして「色み」も入れています。
オリジナルの花文様が特徴です。
一目見て泰山窯の作品だと分かるように、オリジナルな形、絵付けを目指しています。
使う人が優しい気持ちになれるような焼物を作っていきたいと思っています。

 

■ 泰山 和光 (たいざん かずみつ)
  1955年生。砥部町出身。
京都市立 日吉ヶ丘高校 陶芸科卒業
京都府立 専修陶工訓練校修了
愛媛県美術展 美術会大賞
   〃    特選
   〃    推奨
全国県展 選抜展出品
全国陶芸展 現代文化協会賞 菱屋賞

起業年 1955年
陶芸の世界に
入ったきっかけ
家業を継ぐため。
どこで陶芸を
学んだか
京都市立日吉ヶ丘高校(陶芸科)
京都府立専修陶工訓練校
作品の特徴 呉須の藍色を中心に、オリジナルな絵付け。

今後手がけて
みたいこと

食器にこだわらず、生活の色々な場面で楽しくなるようなものづくりをしていきたいと思ってます。
 
 
窯元名 泰山窯
住 所 伊予郡砥部町五本松416
代表者 泰山和光
T E L 089−962−2228
F A X   同上
営業時間 9:00〜18:00
休業日 特になし
駐車場 あり
見学の可否 可 (電話連絡の上、お越し下さい)
陶芸教室 なし
ホームページ なし

 

     


砥部焼協同組合トップページ